2013年9月15日日曜日

久しぶりのABU オーバーホール。

最近、別のリールのオーバーホールをさせてもらい、その際にうちの工房に遊びにきてもらってから、オールド系にハマりつつある、M江さん。

私物のロッドも嫁いで行きました、きっと大切に使ってくれるでしょう!

さらに、ABUのチャンピオンタイプのグリップも手に入れたとのことで、もうこっちの世界の方にどっぷりですね!

そんな訳でUCモデルですがオーバーホールのビフォーアフターの動画をのせてみます。

※もっと回るやろ!とか、そういう意見もアリですが、ABUと言っても全力でキャストしたら余裕でバックラッシュします。  なのであればある程度気持よく投げれる領域でのセッティングが必要です、今回はそういうオーバーホールです。


それが・・・


こんな感じに!

そしてM江さんの後輩のアッキーの2500Cも!
内部はカーボンと、硬化したグリスと、錆で結構きてましたね。
こっちも1/4~1オンスまで気持よく飛ぶように。

ロッドはロードランナーとの組み合わせでしたが、私が組み上げるブランクを
そのまま練習も兼ねて巻いてみる!とのことに(というか、推したのは私ですが)

そんなアッキーの2500C

それが

こんな感じに!!!

渡してもらう時に聞いてたクラッチのあがりも改善してます、ハンドルの軋む音(ノブじゃないよ)も良い感じに無くなってます。

でわまた!釣りにいこうね!

2013年9月1日日曜日

作り直しの連続です。

トールマンルアーズで以前つくった、酷評ルアー チリチリ
 
バージョンアップして帰ってきました。
 
 当たり障りのない、どこにでもあるようなデザイン。
 
 
でも釣れるように、サイズとフックの位置 ペラの穴の大きさだけは工夫
してます。 トゥイッチでジュポでもなく、バシャでもなく ジョロ!といい音が出ます。
 
 
形がカッコよくないと、3次元じゃないと・・・。
 
ルアーとしては釣れることが・・・。
 
酷評を頂いた分、色々活かせる意見も多く、なんとかしょうも無いですが
釣れるルアーになりました。
 
100匹くらいは釣ってます。
 
そして、今回のバス釣りでも、M江さんが使ってくれて岩盤ワンドの駆け上がりで
ストライクしてくれました。お写真、有難うございます。
 
希望のカラーでご提供させて戴こうと思っております。

久しぶりのバス釣り

久しぶりのバス釣り。

以前アンタレスARをOHして頂いたM江様より、好評を頂きました。
そして、ひょんなことからバス釣りに行くことに!

うちの四畳半工房にも一度後輩のアッキー(秋~さん)と来てくれたので、その際に
じゃあ、ゴムはやめてハードベイトで釣りたいって話になったので、次週行こうとなり
久しぶりの浮輪。

やっぱり浮輪は楽しい。

そして、二人にバスフィッシングの楽しさが伝わった、それも嬉しい。
俺も車出してもらって、ワイワイガヤガヤ出来て楽しかった!

道具も大切だけども、まずは水辺に行くことが先決ですもの。

そして、二人はこれからバス釣りにどっぷりハマっていくと思う前に、各々のスタイル
を持ってる、だからきっともっともっと良い魚が待ってるんじゃないだろうか?

 
 

バス釣って、『綺麗なバスだ』とか、魚のかたちを評価するのって
凄い面白いと思う、釣った魚まで評価の対象と言うか、面白い。

ベイトフィネスカスタム。

以前からご依頼頂いていた品のオーバーホールにて、全てのベイトリールのオーバーホールをお任せ頂いております、N岡様。

かなり巻きの作業でしたが、お待ち&ご依頼有難うございました!

遅くなりましたが、納品させていただきました、オーバーホールの様子の一部をご紹介。

 
琵琶湖ボーターの方のリールって感じですね。
沢山のウィードが出てきました。

 
ベイトフィネス=ライトラインですが、ラインは出来る限り
ブレイクしていただきたくないので、ドラグもスピニングに近い
感覚で出来るように・・・。

 
その他数台は、ベアリング、PIN、等摩耗が見られたものは全部
交換させていただきました。
 
また、使い込んで当たりが出たら、良くなると思います。