2013年7月22日月曜日

TD-ZZ 誕生か!?

N岡様
 
あーりー様のご紹介にて、オーバーホール&ギア比変更
ご依頼頂き、誠にありがとうございます。
 
中々お時間がかかっておりますが、こちらの検証も完了し
色々難しい確率が高く、パーツの整合性も定かでは内にも関わらず
パーツ代金として早々に頂き、挑戦させて頂き有難う御座います。
 
成功すれば、前代未聞。
 
失敗しても、本来の姿ではないけども、ハイギヤー。
 
スティーズを買うかどうか、迷ってもTD-Z。
 
その粋なはからい、頑張ってオーバーホールに
行かせるよう善処致します!!
 
 
 
105HLがスーパーハイギヤーの105SSHLに
103MLが103SMLに!?

 
良いですね、Izeとかになる前のダイワの純正コルク
でしょうか? この組み合わせ僕も好きです。
そして、左巻きベイトの理にかなったハンドル位置と
ニギリのデザイン。
 
いまこそベイトフィネスでこの形にするべきでは?
癖はありますが、メリケンなフロントビッグなデザインもGood!

 
加えて、103ML 個人的にダイワでは1番好きな形です。
なんとなく戦闘機っぽいというか、ガンダムというか
見てて飽きが来ません!
 
メカの配列も綺麗! 言うこと無し! 
 
 
と言う訳で、この2台がどうなったか、またどんな改造をするかは
ご依頼者様のみぞ知る、でした。
 
 

アンタレスAR オーバーホール!

ご近所様のM江様
 
リールのオーバーホールご依頼有難うございます。
以前、あーりー様のARのオーバーホールの動画を見て戴いて、ご依頼頂きました。
 
今回もビフォアフ、、、、 すみません必死で磨きをやってまして
アフターしかとれておりませんが、お許し下さい。
 
もう既にご依頼者様のお手元には届いており、TDバイブをキャストしたところ、
飛びすぎて木に突き刺さった、と。
 
ルアーロスト、残念でしたね・・・ でもその飛びを体感してもらえて幸いです。
 
画像はコチラ
 
 
コレはもう組み上げた後ですが、部品も一点一点磨き、正しいバランスで
自分なりに正しいと思える経験で組んでいきます。

 
やっぱり鏡面ピッカピカのコーティング。
ツヤッツヤですな、使い込んだボロボロのリールも
ピッカピカのリールもカッコいいです。
1番イケてないのは・・・ なんでしょうか?




                       番外編。
                家にMac Book Proが来ました。



 
 
 
 

2013年7月8日月曜日

祝! サロン開店。

元々は行きつけのサロンを探していたんですが、
この業界、良い腕のスタイリストさんでもより良い待遇に
なるケースっていうのは難しいようですね。
 
オーナーさん次第なんでしょう。
 
さて、そんな中、知り合いがサロンをプレオープンしておりまして
早速、お邪魔することに。
 
もっとメリケンな感じを想像してましたが、いやはやヨーロッパ風
のインテリアに統一されてて居心地の良い雰囲気でした。
 
普段は奥様のサロンだそうですが、特別にカットしてもらう
ことに! 紅茶とパイまで頂きご馳走様でした。
 
南大阪の方は是非、今オープニングキャンペーンだそうで
CUT/3500yen の20%OFF⇒2800yen
 
1度行ってみては如何でしょうか?
 
『Hair Garden  Juna』
住所:堺市東区菩提町3-6-13
駐車場アリ。
 
Tel:072--220-2227(要予約)
 

 
 
 
 
 
シャンデリアが可愛いです。

 
白を基調とした内装も、ヨーロピアン。
 
 
鏡面台も、ティールグリーンの塗りっぱなしペイント
椅子も、ボタンレザーのチェアでリラックス。
 
ミルクティを飲みながら、気軽に談笑を楽しみながら
気持よくカットしてもらえる良いお店です!
 

ABU 2500C 彫刻。

首都圏より、O田様。
 
ブログをご覧いただき彫刻のオーダー頂きまして、
ありがとうござました。
 
当サイトには珍しく、トラウトメインの方で、2g程度の
ルアーも使われたい、とのご要望で、最初はダイレクトで
そういうリールは無いかとのご相談でしたが、既に愛用の2500C
は相当手がかかっている様子。
 
スプールに、各々のシャフトにはベアリング。
勿論、チューニングベアリング。
 
回転はすこぶる良好。
 
最初はチューニングも! とご要望頂きましたが
当面は、そちらで使って頂くことをおススメさせていただきました。
 
しかし、クラッチの切れ具合が悪いとの事でしたが、理由は
単純なところにあったので、彫刻のついでに修正しておきましたので
様子を見てみてください、少なからず良くなっていると思います。
 
で、完成品はコチラ!
 

 
黒いアルマイトボディに、シルバーの唐草模様が
映えていて、メチャクチャ渋いと思います。
 
 
シェイクスピアと勘違いする方もおられましたが、
よくよく見るとABU!? と驚かれていました。
 
O田様の思惑どおりのリールに一歩でも近づけたので
あれば、私としても光栄です。
 
また、何かあればお気軽にご相談下さい。
彫刻部分は、使えば使うほどアルマイトが擦れて、ぼやける様に
味わいが出てくると思います。
 

4年ぶりに!シェリルさんと釣りへ。

黒鱒館の事件簿 という紳士の集まるラウンジのサイトで知り合った、仙台のハイパールアークリエイターのスカイルアーズの、シェリルミノーさんと久々に釣りに行くことに!

琵琶湖での釣りから、そのまま私と地元の野池へ!
色々、道中トラブルもありーの、なんとか元気なマメをつってもらえて良かった。

あーりーさん、ようすけさんには30匹釣ってもらいます、とコミットしてしまったけど
結局、体力の疲れからか、7匹くらい? で打ち止め。

私は、ぽっつらぽっつら、久しぶりの地元だったのでウネウネで数本ゲット。
2本は40UPでしたが、頭でっかちでげっそりしてました。

バイトは、ボッコンボッコン激しかったですけどね。

 
ウネウネに岸際で出た44.
 


プロトのバグ系に出た40 
イワシですね。
 

 
そして、釣りを終えて、トールマン家の居間で
ゆっくり寝てもらって、そのあと渾身の千鳥クランク
と、ボロボロのウネウネを交換してもらいました。
 
多分、今でこそメンター系メーカがこぞって千鳥クランクの
重要性に着眼してますが、ずっとそのメカニズムとか、
ルアーのバランスとか、彩色もかなりクレイジーですが
動きを知っている、だから高浮力のバルサでキレのいい
千鳥ができるのでしょう、色々ノウハウを教えてもらいましたが
多分、シャリルさんにしか造れない一品だと思いますよ。
 
大切にサーフェイスゲームで使います!