2013年4月24日水曜日

トールマン的トップ釣法

大分あたたかくなってきましたが、気温はまだまだ低いです。
(でも、水の中は意外とあったかい! 部屋に閉じこもって道具みてる
人は時間があるなら釣りに行くべしっ)
 
 
 
しかしながら、釣り仲間のスーさんと、アサヤンで久しぶりの明け方
ナイトゲームに行って参りました。
 
(ナイトゲームは賛否両論ですが、正直釣れます。 でも場所にもよります
し、場所特有の地形や、朝夜でいつきの場所が変わるので、一概に楽勝!
という訳にも行きません、イージーなコトは多いのはその通りだと思います。)
 
※フィンが故障して、その間にキャスティングマシンのスーさんは2匹つって
余計に焦って僕は足をつってました、そんな僕を見てアサヤンは冷静に、
『まぁ、そんなもんだよ わかる』と理論的な口調で同情してくれました、
そして、いつもながーい道のりを原付で何往復もしてフローターを運んで
くれたスーさんに感謝。
 
釣りの様子は残念ながら撮影出来ていないのですが、一昨年からずっとトップでの
打ち方について考えてあることに気が付きました。
 
それを公開します。
 
この釣法でみなさん、ガンガンブラックバス釣って下さい。
大きいのはさておき、トップは坊主覚悟!と決め込んで別の楽しさを
見出している方は、再度トップの奥深さを実感すると思います。
 
いつも偉そうでスミマセン、口だけ野郎なんで適当に見てやって下さい。
 
『トールマン的トップ釣り法1』
 
垂直打ちからの、水平引き!
 
画像はクリックすると大きくなります。
ペイントで雑い画像なのでご容赦ください!
 
 
フローターと、岸は水平じゃなくて良いです。
岸に対して近寄っていく感じでバックしていきます。
で、斜め打ちを(垂直打ち)をします。
もちろん、ストラクチャがあれば我慢して粘っても良いと思います。
 
でも、丁寧にやっても出ないときはメンタルが折れるので一旦岬を超え
その辺りから岬をかすめるように引いてねぶりましょう、止めるのがお好きな
バスと、引き倒さないと食わないやつがいるので、その時の気分で頑張って下さい。

薄暗いときは止めるが吉、昼は巻くが吉?
バスのイライラにスイッチが入る方法があるはず・・・。
 
しかし、それでも出ない、いや 全部で出たよ!っていったとしても乗りきらなかった
そんなバスは、最終的にポイントの岩盤にフローターあてるくらいよって
岸ギリギリに水平引きします。
 
ほぼ、これで坊主逃れてます。
 
ぜひお試しあれ。
 
道具はつかってナンボ! 観賞と妄想に耽るならバスをとりにGo!
 


0 件のコメント:

コメントを投稿